ゆず日記

とってもとってもとってもワガママ日記。心のマイナス面置き場。

 

 

 

怒ってるのはこっちで、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

びっくりして泣きたいのもこっちで、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんで私逆ギレされてるの。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほんと人にいい顔するの得意だよなぁ、

天才だわ。

私にはひっどいこと言っといてはぁぁ???

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しづなだわ!!!名前まで忘れたか!!

 

 

あーーーーーーいらつくーーーーーーーー

 

 

 

 

 

 

 

 

何で私が言われないといけないの!!!

人としておかしいのそっちでしょうが!!!

いっつもそうだよ!この人!

本題とシフト変換させて自分で怒って変に大人ぶって解決して返信しないのなんなの!?!!?!

 

 

 

 

 

 

 

 

なんで化けの皮剥がれないんだよ!!!っっ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやいやいや、私ですよ怒ってるの!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

ぜんっっっっぜんかっこよくねーよ!!!

 

なにモテた気してんだよ!!!!

 

 

 

ぜんっっっっぜんかっこよくねーよ!!!!

 

 

 

事実をそのまま述べてなにが悪い!!!

 

 

なんでダンスのために別れたのに停滞してるの?え?事実だろうがぁぁぁぁぁぁ!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

え、なに羨ましがってる?わたしが?

誰に???

ないないないない、笑笑

1ミリも出たいと思ったことない笑笑

 

 

遠くに行った?誰が?え?

いやいやいや、笑笑

その辺ぐるぐるしてますけど。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私なりにオブラートに包んで激励をしたじゃありませんか!!!!お幸せにと!!!

なんでそれに逆ギレされなあかんの!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんで、びっくりして泣きたいのもこっち!!!手短すぎんだよこのやろう!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

はぁぁぁなんなの、

むしろ気持ち悪いから!!!無理だから!!!そういう事になること考えただけで虫唾が走るんでやめてください勝手にやってくださいどうぞどうぞなんで、はい、つか怒ってた原因そこなんですけど、もうなんかいいですわそうなりましたら、解決に至ってないけど勝手にしてくださいほんと。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず謝ってもらえれば!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その点私は偉いよな。うん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はぁーあったまにくる、

 

 

禿げ散らかってしまえ

でこの広さ増大してしまえ

 

 

すね毛ボーボーになってしまえ

 

 

 

チャリパンクしてろー

 

 

 

隕石落ちろーー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんで喧嘩になるかなーーーーーー

違うんだよ!違う違う!

いや、違くない?

うーん、いや、うーん?。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はぁー分かり合えないわぁ。

 

 

 

 

 まじうちのハゲレベルで分かり合えない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答えが出た。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どんなに、どんなに、どんなに、どんなに

他の人で埋めたってぽっかり空いた穴は空いたままなんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このぽっかり空いた穴はあの時のあの人じゃなきゃダメなんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんだ、笑

簡単なことじゃん。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それがわかった。分かることができた今のわたしは強い気がするよ。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

好きだったなぁ。あの時の幸介が。笑

 

 

 

 

 

 

おかしくて笑えるほど好きだった。笑

 

 

 

 

 

 

 

でも、それはもう過去の話で

どうにもならない話で

今の彼に未練はないし好きでもないんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

難しいね、タイミングの話。

 

 

 

 

 

 

 

いつかもっと素敵な人が現れるはず。

その日まで穴は穴として置いておこう!

きっとそれが1番の近道の対処法だね。

 

 

 

 

 

 

分かれたなぁ。やった。笑笑

嬉しい。

 

 

 

 

 

 

赤い眼

 

 

 

 

 

 

 

 

あたりを見渡すと誰もいなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気づいたら電車の中で寝ていたようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

午後23:00。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外はもう真っ暗でガラスに映るわたしはまるで別人のような顔をしていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガタンゴトン、ガタンゴトン

ギーーーーーー、キキーーー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガタンゴトン、ガタンゴトン

ギーーーーーー、キキーーー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オレンジ色したふかふかのシート。

右も左も誰もいない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このままどこか別の異空間に連れて行かれるんじゃないかって錯覚する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうやら疲れていたようだ。

荷物も重たいし、足は鉛のように思いし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうしているうちに少し寂しくなって、誰かいないかと探し始めた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

辺りは真っ暗。電車の光だけが煌々と光っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

隣の車両に目をやると優先席に老婆がいた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぁんだ、人、いるじゃないか、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

灰色の髪に白髪まじりの、頬はこけてまるで羅生門に出てくる老婆のような人。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何かブツブツ唱えてる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんだろう。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ーカンカンカンカンー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

踏み切りの遮断機の前、電車が通り過ぎるたびいつも思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ーカンカンカンカンー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

駅のホーム電車が通り過ぎるたびいつも思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「あぁ、今日も死ねなかったなぁ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

別に病んでるわけじゃない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日常はそこそこ楽しいし、どちらかというと充実してる方じゃないかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

友達と他愛のない話でバカ笑いして、

 

 

家族にも普通に愛されてて、

 

 

たまに嫌なことはあるけど、

 

 

私を好きだと言ってくれる人もいるし、

 

 

踊ろうと思えば踊れるし、

 

 

歌おうと思えば歌える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だけどなんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここ最近電車を見るたびすごく思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

車が通るたび思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あぁ、また今日も死ねなかったな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こう言ってる時点で当人は死ぬ気ないんだろうけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は重い話になってしまったなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも最近すごく嬉しいんだ、

部屋で1人怖い時に一緒にいてくれる人がいるから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当に嬉しいんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は疲れすぎたかもしれない。

ちゃんとケアして寝よう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼のピアノをずっと聞いていたい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おやすみなさい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

せめて少し離れたところで食べるくらいの努力と配慮をしてほしかったなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それかもーちょっとわからない感じのおにぎりにしよ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たしかに関係ないけれどもそのくらいの配慮はしてもよくないすか、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

視界に入ってしまった私が悪いんですが…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

過去が消せるなら、いくらでもしていいから。。_(:3」∠)_

それかフォルム変えてくれないかなぁーー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なーんてね\(^o^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気にしてないよ。視界に入っただけ。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さっこにモテモテだって言われた。

いやん。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

男とか、女とか、そういう面では認めてないけど、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

?、いや、人間としては……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うん。わからない。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わからないけど、頑張ろうとしてくれてることはたしかだからね。そこはちゃんと認めよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昔聞いた曲にこんな歌詞がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「きっと彼には彼なりの理由があると思うんだ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きっとそうだね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、今後誰から見ても酷いことがあったらその時は殴り合いをしましょう。殴っていいから殴ります。よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私もそうならないように気をつけないと!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

めざせ和也さんの道は遠いぜっ(^ω^)