読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆず日記

とってもとってもとってもワガママ日記。心のマイナス面置き場。

深い深い暗闇の中でも

息づかいと形取ったものはわかって。

いったん光を見てしまえば

暗闇は暗闇で、みんな見失ってしまう。

人間って単純、なのに

周りがそれを複雑にさせる。

毎日が私を作る。

作って、作って、作って、

壊して、混ぜて、また作る。

私がどういう人間かは

案外わたしよりも外界のものが知っているのかもしれない。

たまに自分が末恐ろしくなる。

知らない顔、誰?って問いても教えてくれない。

私は多重人格なのではないか、

小学生の少女はわからなかった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

作って、作って、作って、

壊して、混ぜて、また作る。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

高校生の少女は1人、料理を作った。

誰のためでもなく上達のためでもなく

自分のために。

もちろん命を延ばす処置として食べるために作ってもいたが、明らかに1人分ではなかった。

料理をすると落ち着いた。今も過去も。

ひたすら切った

包丁から手の細部に伝わる感触。

力を加えた一本の細い線が食材の中に入る。

生々しい感触。数日前までは生きていたのであろう食材達。

ざくっ、むにっ、ガガッ、すーっ

それらが別々の道に歩んで、

上から色んなものが降ってきて

彩られ染み渡り変わっていく。

高校生の少女はそれに

なんとも言えない高揚感を覚えた。